相馬市指定文化財を保有する、福島県相馬市の神社。

年中行事

  • HOME »
  • 年中行事
1月1日
event4
歳旦祭
年の初めに、国民皆様の繁栄と農作物の豊作を皇祖・天神地祇に祈願いたします。
2月(第1日曜日)
event2
福節祭
豆まきで鬼を追い払い、福を呼び込みましょう。
ふんどし姿で冷水をかぶる寒中みそぎも行います。
10月(第1日曜・月曜日)
event3
例大祭・后例祭
相馬市の始祖相馬師常(もろつね)公を祭り、神楽奉納、演芸奉納などが行われます。
※行事は年によって異なる場合があります。

詳しい内容につきましては、電話(024-35-3362 )での確認をお願いいたします。

syuisyo-title

event1

式年遷宮とは、20年ごとに本殿や社務所修理を行う神社では一番大きな祭礼であります。
この20年という期間は、建築技術やご神宝ご装束等に関わる伝統技術と、それと共に受け継がれてきた日本固有の精神や文化・伝統をみらいへ継承することにも意義があります。本来であれば、平成23年に、築城四百年を迎える節目の年であり、記念祭事として第五回式年遷宮を行う予定としておりましたが、東日本大震災という天災が起きてしまいました事もあり、止むを得ず中止を余儀なくいたしました。相馬神社では、昭和49年の第四回式年遷宮を最後に、41年間遷宮祭を行っておりません。
そのために、神社の老朽化が進み存続か困難な状況になりつつあります。そこで、相馬神社では第6回式年遷宮実行委員会を発足し、平成37年を目標に、51年ぶりの式年遷宮実行に向けて、氏子・崇敬者からの御奉納金・御奉賛金の募集を開始した所です。御奉納につきましては、社殿を囲む玉垣や、参道の石柱にご芳名を刻し後世に遺す等を考えておりますが、違う形での御奉納記念の方法がありましたら御相談いただければ幸いです。皆様方からお寄せいただきました奉納金・奉賛金は、相馬神社の屋根や神楽殿また社務所修理の他、環境整備等に充当いたします。最後になりましたが、皆様ひとり一人の御協力がなければ、式年遷宮斎行することが出来ません。多くの皆様方の御奉納を心よりお願い申し上げます。

相馬神社 宮司 山中宣明
相馬神社総代長 菊地清次

奉納金・奉賛金の受付はこちら・・・
皆様の崇高なるご奇特をもちまして、協力をお願い申し上げます。
 奉納金(一口) 5,000
【振込先】相双五城信用組合 【店 番】002 【口座番号】0319911
【名 前】宗教法人相馬神社 代表役員 山中宣明

カレンダー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.